まるまる新井素子

別冊SFイズム1

書誌情報

内容

エッセイ初出

注釈

[※1]
絵柄は吾妻ひでおの表紙イラストと同じ。
[※2]
「もんもんドラエティ」内の一コーナー、「お茶の子博士のHORROR THEATER」(監督・手塚眞)に出演したときのこと。タイトルは「テレビの中の殺人者」。
『まるまる新井素子』P.80には放送日が”1982年2月13日”と書いてあるが、DVDに付属のパンフレットでは”1982年1月28日”となっている。どちらが正しいのだろうか?
[※3]
『富士に立つ影』は白井喬二の歴史小説。
[※4]
『モト子せんせいの場合』はさべあのまのマンガ。主人公の「モト子せんせい」の容姿が自分そっくりである、と新井素子さんご本人が仰っている。

本書に登場する作家と作品

レイ・ブラッドベリ
【作品1】「二階の下宿人」(P.50)
【作品2】「火星年代記」(P.117)
【作品3】「七年に一度の夏」(タイトルは登場していない)(P.118)
ノースウェスト・スミス(P.50)
星新一
【作品1】「ずれ」(P.85)……『ようこそ地球さん』(新潮文庫)所収
【作品2】新井素子さんが『火星年代記』を読むきっかけとなったエッセイ集。タイトルは不明。(P.115〜118)
エラリー・クイーン(P.113)
平井和正
P.92に名前が登場。学校の図書委員会のインタビューで会ったとのこと。
【作品】「狼男だよ」(P.113)
ロバート・A・ハインライン
【作品】「人形つかい」(P.116)
森鴎外(P.151)
イアン・フレミング
【註】作者名は出ていません。P.154に『カレンダー・ガール』で所長が部屋のドアに髪の毛を貼ったのはジェームズ・ボンドの影響、という談話があります。イアン・フレミングはジェームズ・ボンドが登場する小説「007シリーズ」の作者。

本書に登場する漫画と漫画家

森脇真末味
【作品】「おんなのこ物語」(P.123)
名香智子
【作品】「パートナー」(P.124)
猫十字者
【作品】「小さなお茶会」(P.125)
ひかわきょうこ
【作品1】和田君とゆきこのシリーズ(P.126)
【作品2】杉掛君とまゆ子のシリーズ(P.126)
【作品3】千津美お藤臣君のシリーズ(P.126)
樹なつみ
【作品】「マルチェロ物語」(P.127)
酒井美羽
【作品】ミミと州青さんシリーズ(P.127)
高口里純
【作品1】「トロピカル半次郎」(P.127)
【作品2】久美と森男シリーズ(P.127)
夢野一子
【作品】真子と明シリーズ(P.127)
ささやななえ
【作品】「グレープフルーツストロベリー」(P.127)
佐々木淳子
【作品1】「ブレーメン5」(P.127)
【作品2】「那由他」(P.127)
まついなつき
【作品】「かれいらいす物語」(P.127)

新井素子が登場した「別冊SFイズム」

  1. 『まるまる新井素子』別冊SFイズム1(本書)
  2. わくわく谷山浩子』別冊SFイズム2
  3. まるまる大原まり子』別冊SFイズム4
  4. SPECIAL MAKE-UP EFFECTS』別冊SFイズム6