単行本未収録作品リスト

新井素子さんの小説で、自身の単行本に収録されていない作品をリストにしてみました。

(他者によるアンソロジーに収録された作品も含まれます。)

古いものは、今から読むのはなかなか難しいかも。

→[参考]「新井素子単行本未収録作品」発刊の言葉

  1. 「センチメンタル・ジャーニイ」1980年
  2. 「ぬいぐるみ殺人事件 第1回」1984年
  3. 「阪神が、勝ってしまった。」1985年
  4. 「かつみの告白」1994年
  5. 「馬場さゆり」2000年
  6. 「あした」2000年
  7. 「斉木杳の憂鬱」2001年
  8. 「碁盤事件」2015年
  9. 「妾は、猫で御座います」2016年