吾輩も猫である

書誌情報

文庫

夏目漱石の没後100年&生誕150年を記念して出版された本。装画も喪章を付けた夏目漱石の有名な写真のパロディ。収録作はいずれも『小説新潮』2016年8月号・9月号の「夏目漱石没後100年記念企画 吾輩も猫である」(前・後編)にて掲載されたもの(ただし8月号掲載の乃南アサ「すずの爪あと」のみ収録されず)。

裏表紙の内容紹介より。

「ねね、ちょっと、私だって猫なんですけどぉ〜。名前はまだないんですけどぉ〜」夏目漱石没後100年&生誕150年記念出版! 明治も現代も、猫の目から見た人の世はいつだって不可思議なもので……。猫好きの作家8名が漱石の「猫」に挑む! 気まぐれな猫、聡明な猫、自由を何より愛する猫、そして、秘密を抱えた猫――。読めば愛らしい魅力があふれ出す、究極の猫アンソロジー!

収録作品

初出は、赤川・新井・石田が『小説新潮』8月号、荻原・恩田・原田・村山・山内が9月号。

小説:「妾は、猫で御座います」(P.35-71)

「妾」の読みは「わたくし」。初出は『小説新潮』2016年8月号

主人公は猫のファージ(ここでのフルネームは「バクテリオ・ファージ・T4」)で、飼い主の名前が「陽子さん」なので、「結婚物語シリーズ」の番外編とも言えます。

夏目漱石『吾輩は猫である』への言及もあり(タイトルは出てこない)。

ネット書店で購入 | 吾輩も猫である