この橋をわたって

書誌情報

単行本

帯の惹句より。

ここは、あったかい異世界。

ほのかに、はるかと、つながっている――。

17歳のデビューから、独自の小説世界を作り続けて40年。

最新作8篇を収録する作品集。

収録作品

関連情報

初出

※1:「初出」ページでは「2014年」とのみ記載されており、発表媒体が書いていない。「空想ラボラトリー」は、株式会社IHIが制作した夢をテーマにしたスペシャルwebサイト。ショートショート作家の田丸雅智氏がプロデュースし、複数の作家によるショートショートも掲載されていた。公開期間は既に終了し、2019年現在web上に存在していない。

※2:https://kaiseiweb.kaiseisha.co.jp/a/shortshort/sst05/

※3:https://kaiseiweb.kaiseisha.co.jp/a/shortshort/sst011/

※4:「初出」ページでは「人工知能学会編『人工知能の見る夢は−AIショートショート集』2017年5月刊 文春文庫」と書いてあるが誤り。『人工知能の見る夢は』は、『人工知能』誌に掲載された日本SF作家クラブ所属作家陣によるショートショートと、研究者による解説を収録した本。

※5:『週刊YOMOっと静岡』は、日曜日の静岡新聞に挟み込まれる小・中学生向けの新聞。連載小説は1ページをまるごと使って掲載。挿絵あり。

覚書

新井素子さんがイベントで仰っていたことのまた聞きです。本書のタイトルは最初「橋を、架ける」にするつもりだったのですが、当時の皇后美智子妃殿下に同じタイトルの著書(『橋をかける』)があり、それはあまりにも畏れ多いとのことで、結局『この橋をわたって』に落ち着いた、とのこと。

この本の公式発売日の6日後、2019年5月1日には天皇陛下の生前退位と新天皇の即位がありました。美智子妃殿下は皇后から上皇后となり、また元号が平成から令和に変わりました。

ちなみに、新しく即位された天皇徳仁陛下は新井素子さんと同じ1960年(昭和35年)生まれであります。学年では新井素子さんの方が一つ下になります。

更新履歴

ネット書店で購入 | この橋をわたって