小説BOC 4

新春特大号/中央公論新社創業百三十周年記念企画

書誌情報

2016年に中央公論新社創業130周年を記念して創刊された季刊小説誌。

「BOC」は、1+3+0+C(ChukoのC)をデザイン化したものであり、「book」の元となった古英語でもあります。読みは「ボック」。

特集「猫ミス!――そのひと鳴きから、物語(ミステリー)が始まる」

巻末からもP.475からも読めるようになっています。イラストを担当したのは庄野ナホコ氏。

新井素子関係の内容

小説:「黒猫ナイトの冒険」(P.476-492)

「猫ミス!」特集に掲載されたミステリー風味の短編小説。

扉ページの紹介文は次の通り。

俺は、どうやら、物心がついた頃、

いきなり、ダンボール箱にいれられて、

公園の一角にいたらしい。

かすかに残る、

たった一つの記憶――。

「執筆者紹介」(P.470-471)

P.470に新井素子さんの項目があります。

新井素子(あらい・もとこ)

一九六〇年東京都生まれ。立教大学独文科卒業。九九年に『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞。

ネット書店で購入 | 小説BOC 4