小説新潮 2016年8月号

書誌情報

特集「夏目漱石没後100週年企画 吾輩も猫である(前編)」

目次より。

日本近代文学史上、もっとも親しまれたアイコンと言ってよい、漱石先生の「猫」。

当代を代表する作家が腕をふるってトリビュートする、二か月連続の競作劇場――。

新井素子関係の内容

小説「妾は、猫で御座います」(P.180-195)

目次の紹介文は次の通り。

なぜ、ひとは猫を飼うのか? 陽子さんの飼い猫・ファーの考察は

「夏目漱石没後100週年企画 吾輩も猫である(前編)」で掲載された短編小説です。タイトルは夏目漱石「吾輩は猫である」の本歌取り。お話の中でも言及されています。内容はファージ(!)の一人称で語られており、「結婚物語」シリーズの外伝といった趣もあります。ちなみに、「妾」は「わたくし」とふりがながあります。

イラストは「結婚物語」シリーズでもお馴染み、さべあのま氏。

余談

同特集で掲載された赤川次郎氏の小説のタイトルは、新井素子ファンならニヤッとしてしまうのではないでしょうか。内容的には全く関係ありませんが、意識して付けたのですかねえ。

ネット書店で購入 | 小説新潮 2016年8月号