若者たちの神々 PART1

筑紫哲也対論集

書誌情報

【単行本】

【文庫】

収録対談

新井素子関係の内容

対談:「新井素子」

小見出し

対談中に登場する作家名

対談中に登場する小説名

対談:「日比野克彦」

日比野 榎本さんは、一九五五年から六〇年に生まれた人が、そろそろ動き出しているということをすごく言うんですね。

筑紫 上が二八、九で下が二三、四か。浅田彰君や新井素子さんも入るわけだね。

日比野 新井さんにこの間会ったんですよ。『YOU』の一〇〇回記念番組の座談会だったけど、新井さんの話が僕は一番納得できましたね。その座談会の中で、みんなはどういう価値判断でやっているんですかと聞かれたときに、新井さんが、「私はマスを相手にした受け線は狙っていませんけど、とっても私のことを認めてくれて応援してくれる人が二人います。その人にわかってもらおうと思ってやっています」というんです。横で、ぼくもそうだなと思いながら聞いていたんですけど。ぼくにも一人いて、その人に駄目だといわれると、「ああ、そうかなあ。描き直そう」と思っちゃいますね。

談話中の『YOU』の一〇〇回記念番組については、「YOU/気分はもう21世紀人」のページを参照のこと。

初出

新井素子関連の『若者たちの神々』

ネット書店で購入 | 若者たちの神々 PART1