奇想天外 1981年6月号

書誌情報

新井素子関係の内容

表紙

新井素子 長編SF大力作「扉を開けて」 450枚一挙掲載

今号の表紙に掲載された作品タイトルはこれ一本のみです。

新鋭作家対談:「アマチュアからSF作家への道のり」

夢枕獏三十歳、新井素子二十歳の時のインタビューです。両氏とも商業誌デビューは『奇想天外』誌上でした。扉ページにはこのように書いてあります。

デビュー以来、新鮮な魅力をSF界に放ってきた新井素子さんと夢枕獏氏。”新人”というキャッチフレーズを捨てて本格的に”SF作家”の名称も板についてきた両氏に、これまでのプロセスから、今後の抱負などさわやかに語り合って頂きました。

小見出し

談話中に登場する作家名

談話中に登場する翻訳家名

長編小説:「扉を開けて」

扉には「ヒロイック・ファンタジー 傑作450枚一挙掲載」と書いてあります。

編集後記(P.280)

編集部の(S)氏による編集後記。新井素子さんの名前が出てくる箇所を転載します。

今月は臨時の特大号です。理由は表紙にも唱いましたように、新井素子氏の「扉を開けて」四百五十枚一挙掲載ということで、このような長いものを一度に載せるのは、本誌では初めての試みです。

第20回日本SF大会「DAICON III」で行われた「新井素子講演会」で、「扉を開けて」は本当は7月号から3回連載の予定だったが、6月号に載せる原稿がないとのことで一挙掲載になった、と新井素子さんは仰っていたようです。(新井素子FC「宇宙魚」会報第2号より)

奇想天外SFノベルズ広告

あたしの中の……/新井素子 奇想天外新人賞受賞SF 680円

グリーン・レクイエム/新井素子 10代への鎮魂SF 880円

翔び去りしものの伝説/都筑道夫 ヒロイック・ファンタジー 1200円

銀河盗賊ビリイ・アレグロ/都筑道夫 ミステリSF 1200円

神州白魔伝/荒巻義雄 伝奇SF 1000円

デッド・エンド/山田正紀 宇宙神話SF 980円

宇宙航路/光瀬龍 アドベンチャーSF 1600円

ポエム君とミラクルタウンの仲間たち/横田順彌 連作ファンタジー 880円

小説ゴジラ/香山滋 傑作SF映画の小説家決定版 780円

沈黙の惑星を離れて/C・S・ルイス 別世界物語1・中村妙子訳 1300円

金星への旅/C・S・ルイス 別世界物語2・中村妙子訳 1450円

かの忌わしき砦/C・S・ルイス 別世界物語3・中村妙子訳 1700円

魔法のお店/荒俣宏編 11のファンタスティック・アンソロジー 1200円

最新刊 惑星CB-8越冬隊 奇想天外SF新人賞受賞作家 谷甲州著 雪と水の惑星を舞台に展開する本格ハードSF 1000円

収録