SFアドベンチャー 1982年8月号

書誌情報

新井素子関係の内容

MY COLLECTION:「いつの間にか集まった我が家のアイドル達」

子どもの頃からフカフカした物が大好きだった素子チャンの宝物は百匹を越すぬいぐるみ達だ。まんべんなく全員をかわいがっている

「WHO'S WHO」(P.244-245)

今号執筆者の近況報告欄。P.244に新井素子さんの項目があります。

前回の方向音痴仲間と再びドライブへ。今度は熊谷方面をトライ。地図という強い味方を持っていったため、二時間半で到着し、麦畑の広がる田園風景を堪能。利根川のかなたに沈む真っ赤な夕陽に感激し、ドライブは明るいうちに限る!?とか。

長編小説:「ラビリンス〈迷宮〉」−後編−

初掲載作の後編です。扉ページに下記のような惹句が書いてあります。

生きることは果しないラビリンスなのか? 神とトゥードの苦悩はサーラには無縁だった…

読者コーナー:「ピット・イン」(P.324-329)

「星群祭開催のお知らせ」(P.326)

創立十周年記念・第九回星群祭を左記のごとく開催いたします。

◎日時 七月二十四日(土)午後一時〜七月二十五日(日)午後三時半

◎場所 京大会館(京都市左京区吉田)

◎テーマ 書くということの意義

◎ゲスト 新井素子、荒巻義雄、柴野拓美、谷甲州、堀晃、眉村卓、横田順彌(五十音順)の各氏他数名折衝中

◎参加費 三千円(合宿費用別途)

「S&F 会員募集中」(P.328)

ただ今、SF同人誌「S&F」では会誌「S&F」を販売中です。また好評をいただいております「S&F」二号は残部が少なくなっておりますので、お早めにお買い求め下さい。一部、送料共で七百円です。多数の方にご予約を頂きましたが、発送が遅れて御迷惑をおかけしております。DAICON号(新井素子DAICON講演全収録)の予約を再び開始しました。なお、以前にご予約頂きました方は、ようやく発送ができる状態になりました。申訳ありませんでした(二号〜四号まで在庫があります)。

長編小説:「ラビリンス〈迷宮〉」

掲載誌

  1. 前編――『SFアドベンチャー 1982年7月号
  2. 後編――『SFアドベンチャー 1982年8月号』(本誌)

収録

新井素子関連の「SFアドベンチャー」

新井素子関連の「SFアドベンチャー」一覧