奇想天外 1980年10月号

書誌情報

新井素子関係の内容

コミック:「ダーティしでおの大冒険」

P.110の一コマに新井素子さんが登場。SF大会のちょっと前、吾妻ひでおが酒席で萩尾望都と会った時、新井素子さんも同席していたようです。

ちなみに、この時の星雲賞のコミック部門が萩尾望都の『スター・レッド』、日本短編部門が高千穂遙の『ダーティペアの大冒険』だったのでした。

連載対談:「コンピュータ・エイジを考える」第5回

P.168、171に新井素子さんの写真が掲載されていますが、この連載で初めて眼鏡をかけています。

小見出し

読者コーナー:「スポンサーから一言」(P.246-247)

P.246に「グリーン・レクイエム」(1980年9月号掲載)の感想が掲載されています。

喫茶店カプチーノ。山村暮鳥、萩原朔太郎、中原中也。ショパン、リスト。ぱんとほほにひらてうち、ほれた女一人守れなく男がつとまるか。

チョコレートケーキにはちみつたっぷりかけて食べたようで、うぷ!! ぎこちなさもとれて読みやすくなった今回の新井素子嬢、次作はどんなものを読ませてくれるかな、イラストは山岸涼子氏か深い国氏はいかがでしょうか?

「山岸涼子」は間違いで「山岸凉子」が正しいです。

収録

連載「コンピュータ・エイジを考える」