日本SF・名作集成 第6巻「異形の未来」

大きな活字で読みやすい本

書誌情報

単行本

収録作品

新井素子関係の内容

小説:「あした」

解題

新井素子「あした」(『2001』早川書房、二〇〇〇年、収載)

新井素子は、一九六〇年、東京生まれ。七七年、高校二年生の時に第一回奇想天外SF新人賞に応募した中編「あたしの中の……」が、選考委員であった星新一の激賞で佳作入選。同作が『奇想天外』に掲載され、高校生SF作家となる。七八年に最初の単行本『あたしの中の……』を上梓。

大学在学中に発表した『グリーン・レクイエム』。『今はもういないあたしへ…』、『扉を開けて』などの、十代の少女の話し言葉を語り口とした文体は、SFというジャンルと少女の感性と想像力が交わる場所を、新しい言文一致体で描くための武器となり、その武器によって、新井素子作品は、やがてSFジャンルを凌駕するムーブメントに発展し、少女小説の世界に革命を起こすことになった。

九九年に上梓した作者三〇作目の『チグリスとユーフラテス』は、遠い未来の植民惑星を舞台にした壮大な長編SFで、同作は日本SF大賞を受賞している。

「あした」は、コールド・スリープ(冷凍睡眠)という一種のタイムマシン的な技術が当事者とその周辺の人々にもたらすかもしれない様々な葛藤を描いた傑作。ここで並列に語られる少女と女性の感性は男性読者に大きな衝撃をあたえることだろう。

「今はもういないあたしへ…」は著者27歳の時の作品であり、上記の文脈で登場するのは違和感があります。

関連情報

「チグリスとユーフラテス」シリーズ

本編「チグリスとユーフラテス」
【収録】『チグリスとユーフラテス
外伝「馬場さゆり」
【初出】「SF Japan [MILLENNIUM:00]
※単行本未収録
外伝「あした」
【初出・収録】『2001

大活字 日本SF・名作集成 全10巻

夢枕獏・大倉貴之/編。リブリオ出版刊。大きな活字で読みやすい本。セット販売のみ。

第1巻 「タイムスリップの不思議」

第2巻 「あり得たかもしれない歴史」

第3巻 「異星からの来訪者」

第4巻 「宇宙で出遭った脅威」

第5巻 「暗黒宇宙の謎」

第6巻 「異形の未来」

第7巻 「テクノロジーと人間の未来」

第8巻 「不条理な世界」

第9巻 「SF短編の世界」

第10巻 「幻想への招待」

ネット書店で購入 | 日本SF・名作集成 全10巻

※図書館向けに販売される叢書なので、個人からの注文は受け付けてくないと思います。参考までに掲載しました。