素研ゲストブック 過去ログ

NO.003 [101-150]

No.002へ] [No.004へ] [ログ一覧へ] [トップページへ


復活の日2 by akapon2001/1/24 0:16

>みえPONさん

そうです。気長に待ちましょう。
なんつっても、年内には新作が読めるかもしれないんですからね。
(推測になってしまうのが悲しい)

>seiさん

僕も見ましたよ、「○ルディーン」。
本屋で見つけた時は、あまりの驚きに思わず大笑いしてしまいました。
14年ぶりってのがすごい。そうだよなあ、僕が高校生ん時だもんな。
いやあ、作者はあきらめてなかったんですね〜。
それなら「高飛びレイク」も期待しちゃうぞお。(無理っスかね)
まあ、この人に比べれば、新井素子さんの「沈黙」なんて、かわいいもんですよ、みなさん。

あと、ハルキ文庫は、その筋の人にはいまや唯一の希望の星となってますね。あのラインナップはうれしいですよね。
ただ、他の文庫に比べて、値段が高いのがちょっと苦しいかな。
古本を探すか、ハルキ文庫にするか、迷うところではあります。

>はるぴんさん

初めまして。
来てくれてありがとうございます。
「素子の読書あらかると」を読むと、読みたい本が増えますよね〜。
読む時間さえあれば・・・。
読める人は素子さんおすすめの本を読みながら、新作を待つ、ってものいいんじゃないでしょうか。
期待して待ちましょう!
復活の日 by akapon2001/1/24 0:15

やっと帰ってまいりました。
疲れたったら疲れた。ベルトの穴がいっこ縮まってしまいました。

>tani-2くん

情報をどうもありがとう。
仕事帰りに早速買ったよ。まだ読んでねーけど。
この情報はまたページに反映させたいと思います。ありがとね。
卒論って、担当教授によってできることとできないことがあるからね。
とか言いながら、僕はけっこう自分の考えてた世界観を反映させた
エッセイのようなものを書いてしまった気がする。
仏教学の常識からは外さないようには気をつけたけどね。

>こもぐさん

そうなんですよ、予定は延びてしまったみたいです。
つまんないですね。
でも、執筆してるのは間違いないみたいなんで、熱烈に待ちましょう!

>萩 梓さん

「クラーク帝国」ってすごいですな。個人的にうけました。
さらに個人的には、「クラーク」っていうと作家のアーサー・C・クラークを思い出しますな。「2001年宇宙の旅」の作者で、僕の好きな作家の1人です。
今年は「2001年」ですから、もうちょっと彼に脚光が当るかな、と期待してるんですけどね。

>YOUさん

初めまして。素研ホームページ管理人のakaponです。
来てくれてありがとうございました。
確かにコバルト文庫は、ある程度年のいった人にはキツイもんがありますね〜。
でも、前にも書きましたけど、僕はその辺の恥は捨てました。
好きな作家の本を買うんだから、背広姿のサラリーマンがコバルトを堂々と買って何が悪い!、と店員のねーちゃんの冷たい視線も気にしませんぜ。

つづく
そうですね。 by 萩 梓 / Web2001/1/23 21:27

>seiさん
遅筆な方なら、ゆっくりシリーズを揃えられる…。と、
二年くらい前のぼくは思っていましたが、その後
「ブラック・キャットの続き〜〜」と呻くようになってしまい。
…でもいつか。
出ますよね? きっと、忘れた頃にやって来る天災のようなシリーズ…は、
他のだったでしょうか。

>はるぴんさん
はじめまして。
読書あらかると…に書いてある本を読む…時間がなく。
でも、沢山の本を読み返したくさせる文章って、皆が書けるものではないですよね。
素子さん、偉大です。
それでも、待ってしまう by はるぴん2001/1/22 19:51

初めまして!
でも、ちょっとチクショー!
こんなうれしいサイトがあるなんて知らなかったんだもの。
今の私のお気に入りは「素子の読書あらかると」。
読みたい本がいっぱい出てきました。
新井さんは鈴木光司の文章はうまい!と褒めていたけど、何を
おっしゃる!
あなたの方がうまいじゃないの。
だってこんなに、読んでみたい!と思わせる文章を
あたかも首根っこつかむかのようにグイグイと引き寄せ、思わせて
しまうんだもの。
 皆で、期待しながら気長に新刊待ちましょうね!
「沈黙」の長い人ですか・・・。 by sei2001/1/22 11:32

 遅筆な作家さんのファンになってしまうと、つらいですね〜。
「ブラックキャット」シリーズは、そろそろ次が出ないと
「ナイトフォーク」から「キャスリング」が出るまでの期間を
記録更新するような気が・・・。
でも待ってればいつか出ますよね。もう一人、僕の好きな作家さんで
遅筆で有名な某H浦さんも今年、番外編を除いては14年ぶりに
「ガ○ディーン」シリーズ、文庫出したし・・・、新井さんもきっと!!
気長に待つとしますか・・・。
 ところで、YOUさん、萩 梓さん、やっぱりコバルト文庫って最初
買うの大変ですよね〜。
ま〜、僕もなれて、ソノラマ文庫とか、徳間デュアル文庫とか
わりと平気で買えるようになってしまいました。
 あと、個人的な意見ですがデュアル文庫ってかなりいいと思いません?
新井さんの「ラビリンス」はもちろん、O原さん、K尾さん、K叉さん
Sがさん(1文字なので伏字が・・・)、などなど。あとハルキ文庫も、
K松さん、M瀬さん、Y田さん、M村さん、T井さん、などなど。
過去の貴重な名作が読めたりするので、とても重宝しています。
とまぁ、かなり意味不明かもしれませんが気にしないでください。
では、また。
by 萩 梓 / Web2001/1/21 12:47

>YOUさん
はじめまして。ぼくも…コバルト文庫を買うのは勇気が要りました!
というのも、ぼくは素子さんの作品を読み始めてからまだ
四年弱で、つまりぼくも「20過ぎてからコバルト文庫を買う」ことに
なったのですよ。
『キャスリング』の頃には、もう開き直っていましたが、
最初、『いつか猫になる日まで』を買った頃は、もう赤面ものでした。
それまで、「ファンタジー小説」「少女小説」に対して、
ぼくは根拠のない偏見を抱いていたので。
逆に、一度「コバルト文庫」を買いだしたが故に、
他の「ジュニア小説」の文庫本も買えるようになったんですが(笑)。

>みえPONさん
気長に待ちましょう…と。
どうしてなんでしょうね。ぼくの個人的なことで失礼ですが、
音楽で…ぼくがファンをやっているあるミュージシャンも、
もう五年もアルバムを出してないんです。
ぼくは「沈黙」の長い人のファンになる宿命なのでしょうか?
素子さんも…いえいえ、素子さんは沈黙してないですよね。
出てくれればいいんですし、ね。
おっ。 by みえPON / Web2001/1/20 23:34

新刊延期ですか?
うーん。
出ればいいのだ。
出てくれれば。うんうん。気長に待つのだ。

カウンター、6000とった。
いえ、それでどうしたと言われても…

ではでは〜♪
初めまして。 by YOU2001/1/20 19:04

 私は結構リアルタイムで「星へ行く船」シリーズ、「ブラックキャット」シリーズを読んできました。
 初めて新井素子さんの作品を読んだのは中学の時。かれこれ16・7年前になりますか・・・?恐ろしいですね、時間って。
 昔はみなさんと同じように小説、エッセイをお金の続く限り集めてました。『ラビリンス』『扉を開けて』『二分割幽霊きたん』等は単行本・文庫本とも揃ってます。
 ですが20歳を過ぎるとコバルト文庫なんて恥ずかしくて買えないんですよ。
 たとえばブラックキャット、続きが凄く気になってるんですが、キャスリングなんて表紙が思いっきり少女少女してたでしょ?買おうかどうしようか本気で悩みました。結局顔から火が出る想いで買いましたけど。もう少し何とかならないもんでしょうか・・・?
 以前、新井さん自身が「そして、星へ行く船」のあとがきで『十代に始めたシリーズの続きを40すぎてから書くのはあんまりだ』と言うようなことを書いておられましたが、ファンにとってもそうなんですよね。せめてもう少し表紙が違ってれば・・・なんて。若い子向けの文庫なんだからしょうがないんですけどね(苦笑)
 遅筆な事はご本人も認めていらっしゃるので、あんまり責めてはいけないとは思いつつも、ついつい懇願してしまいます。
「お願いですから、早くシリーズ完結させて下さい!!」って。
 最近は新刊も買っていませんので、純粋なファンとは言えなくなってますが、このサイト見つけたときとっても嬉しかったです。末永く続くことをお祈りいたします。では。
 ★時々、シリーズの続きが出てないかチェックするために訪れると思います。
延期ですか…。 by 萩 梓 / Web2001/1/19 22:33

やっぱり、と言ってしまう心の声にハリセンを。
でもまだ『あした』を読んでいないぼく。
ちょっとだけ猶予が…じゃ、ないですね。そういえば今日、本屋に
行ったのに…すっかりうっかり。すみません。あーあ。

>akaponさん
ホテル住まい…って、想像も付きません。お元気ですか?
三作は同じ時代なんですね。これはやはり、新書版を探すべきでしょうか。
新暦○年の生まれ…とは、残念ながら書くわけにはいかないのです。
「年齢:?」でホームページをやっているせいで。
文字化け直しどころか、htmlも打てないへっぽこ管理人ですが。

>こもぐさん
冗談抜きに寒いです、北海道。そして田舎です、北海道。
今、手元に「どこでも使えない二千円札」があって、
それで『2001』を買いに…しかし、この雪と寒さ。
ちなみに、ぼくは札幌に住んでいます。仲間内では、ここは
「クラーク帝国の帝都」らしいんですが。

>みなみさん
こちらこそ、よろしくお願いします。
どのキャラも魅力的…ちなみに男性キャラで、ぼくが一番好きなのは
山崎ひろふみ君。予測が付かないですから。
他の作品に顔を出している彼を見つけるたびに、
何だか親の気持ちになって「それからどう育ったんだ…」と
気をもんでしまいます(苦笑)。

>みえPONさん
サーラとディミダ姫。果たしてどちらが勝つのやら。
ついでに根岸美弥子嬢にもまた来てもらって。
…女性で一番強いのは…誰なんでしょう?
『・・・・・絶句』のキャラクターの素子には誰も勝てないような気も。
でも、作者の新井素子さんは勝てるのか(笑)。
仕事中です by akapon2001/1/19 11:58

22日までホテル住まいなんで、書き込みできない状況です。
いま、仕事中に店頭のPCから入力してます。
それでは、また。
新刊読みたい。。。 by こもぐ2001/1/19 10:16

こんにちは。
トップページにありましたけど、新刊の発売延びたんですね。
うーん、いつものことと言われればそれまでですけど
やっぱり残念です。

>みなみさん
改めてはじめまして。
本当に素子さんの小説は麻薬のようです。
試験前とか掃除中とか、後にしなきゃっていうときに限って
はまってるような気が。。。

>akaponさん
ちともの足りない・・・同感です。
詳しく語れないのがつらいですねー(プレッシャーかけてみました(笑))
それと、いいですねー新井素子暦。
ここのページだからこそって感じで。
ちなみに、私は新暦16年の生まれです。

新井素子が解説を書いた本 by tani-22001/1/18 0:45

こんにちは。
akaponさん仕事お疲れ様です。大丈夫ですか。
先日、新井素子が解説の書いた本を見つけました。
菊地秀行「魔界医師メフィスト・海妖美姫」
(講談社文庫)です。
探せば他にも色々ありそうですね。

>そこらへん、国文の先輩として、どうでしょう?

卒論はやはり自分の興味ある題材で書ければ一番ですよね。
私は本当は探偵小説(専門)の作家で書きたかったのですが、
それを押し通す事ができなくて、坂口安吾の探偵小説をテーマ
に書きました。それはそれで興味ある題材でしたが、やはり
ちょっと残念でした。(多少、意欲も違ってしまいますね)
担当教授が見てくれるのなら書いた方がいいと思います。
あと、当たり前の事ですがテーマの選定については、具体的に
自分は何を書きたいのか、また、それに関連する参考資料が容易
に入手可能か等の下調べも行い、その辺もふまえて
じっくり考えた方がいいと思います。
結局akaponさんと同じ事しか言ってませんね。
たいした事かけなくて申し訳ないです。
『2001』おもしろいですよ。 by akapon2001/1/18 0:05

>みなみさん

いや、実はあれは文字化けではなくて、このゲストブック自体の不具合なんですよ。お恥ずかしい。
なので、このページを記述しているHTMLファイルに直接修正を加えれば、直すのは簡単なんです。
問題は、ゲストブックの仕様を管理人である僕、akaponが把握していない、というところにあります。今のところ、なぜこの現象が起こるのか原因がわからないので、再発を防げないんです。
すいません〜。
そのうちなんとかしようとは思ってるんですが・・・。
JavaScriptをもっと勉強してみないといかんなあ。

それから、みなみさんは東京でしたよね?
「結婚物語」のビデオが置いてあるレンタルビデオ屋が新宿にあるそうです。
詳しくは「掲示板」のNo.91、アリスさんの「入手方法」という書込みを見てみてください。
店の名前ははっきりと書いてないけど、わかります?

>みえPONさん

『2001』は、新井素子の短編も興味津々ですが、他の小説もおもしろいですよ。
神林長平の短編なんか、僕は最高におもしろかったです。
瀬名秀明の小説もいいですよ〜。
僕は『パラサイト・イブ』しか読んだことないんですが、短編もこんなにうまいなんて知りませんでした。おすすめです。

もっとも、僕はもともとSFが好きなんで、これらの短編をなんの違和感もなく読めるってことはあるかもしれません。
新井素子暦…計算したら…19年。 by みえPON / Web2001/1/17 1:19

人生の中の素子さんFAN歴は…7,8年…
自分の人生の長さ、それの割合で出すと…約3分の1。
うーわー。

まだ、「あした」読めてません。
2000エンが痛い…
コピーして貰ってもいいけど、同時収録の、瀬名秀明の短編も読みたい…
買うべきかな?むむむ。

●萩 梓 様。

ラビリンス読了ですね?おめでとございますです。
サーラの様になりたくて、赤い髪にしたいと言ったら周りに反対された…
国文学科での卒論…どうやって書こうかな?
色々構想は膨らみます。
知り合いで、ディミダ姫FANの人がいて、良く二人が闘ったらどうなるかな?って話をしてましたです。

ではでは〜♪
う、うわぁ! by みなみ2001/1/16 22:49

akaponさん、す、すごい!
文字化けを治したんですね?!いったいどうやって???
う〜ん…尊敬の眼差し(・o・)
akaponさん。
治してくれて、どうもありがとう。

えっと、私も何を隠そう新暦8年。
うん。親近感バリバリ、ですね〜。
考えてみると…こんなんなってました(苦笑)
関係ないけど、昔歌えて今、歌えない歌。
それは、森高千里の「私がオバさんになっても」…。
何故かと言うと…もう、オバさんだから(爆)

でも。
気持ちだけは、若い、つもり♪
見た目だって…若いんだぞ〜!(誰も聞いてないって)

ここにいらっしゃる皆様は、やっぱり若い方が多いのでしょうね。
今、素子さんの結婚物語を再び読んでいます。
以前、この物語のTVドラマがあったけれど、
今になって、ビデオにとっておけば良かったと後悔しています。
もう一度観たいよ〜。
あぁ〜、レンタルビデオとかになってくれればいいのに…。
主役の沢口靖子さんと陣内さんがなかなかのコンビネーションでしたよね。

ひゃぁ〜。
またまた、長くなってしまってごめんなさいっ!
書き込むと表示が by akapon2001/1/16 1:24

ときどきおかしくなることがありますが、このゲストブックを記述しているJavaScriptに原因があるようです。
他人が作ったものなので、ソースをまだ確認していないのですが。
バグなのかな・・・?
みなさんにはご迷惑をおかけして申し訳ありません。
これに懲りずに書きこんでやって下さい。

>萩 梓さん
横レス失礼。
『扉を開けて』にすでにカトゥサの名前が登場していたように、『扉を開けて』、『ラビリンス』、『ディアナ・ディア・ディアス』の3作はほぼ同時期の話のようですね。
新書版『ラビリンス』のあとがきだったか、これからこのシリーズがどうなるのか、がちょっとだけ書いてあったような覚えがあります。
(なんか奇妙な戦争が始まってしまうとか)
これも続きが気になるところではあるんですが、どうも明るい話にはなりそうもないんで、それが気になるところではあります。

>こもぐさん
「あした」読みましたか。
なんか、ちともの足りなくないですか。
と、詳しい感想を言いたいところですが、まだ読んでない人もいますので。
みなさん、早く読みましょう。(と、プレッシャーをかける)

>みなみさん
表示の不具合は直しときました。すいません。
そうですか〜、同い年ですか。
親近感バリバリですね。
ベストセラーを連発してた頃の新井素子直撃世代ですからね〜。

ちなみに、新井素子の生まれた年を紀元0年とする暦を新井素子暦(略して新暦)といいますが、僕は新暦8年の生まれになります。
あぁ〜…ごめんなさい! by みなみ2001/1/15 21:49

文字化けしちゃいました。
読みずらくて、本当にごめんなさい〜〜〜(汗)
寒いよぉ〜! by みなみ2001/1/15 21:47

こんな事言ったら、北海道の皆様に怒られそうだけど…
東京も…寒いっ。
そして、家の中も寒いんですぅ(涙)

ところで。
私には悲しい思い出があります。
高校時代、素子さんの本を友人に貸したら戻ってこなかったこと。
それは「絶句」の上完。しかも、ハードカバーの……(-_-;)
どうしても「返して」って言えなくって、そのまま…。
それから数年後、しかたなく大きな書店で「絶句」を買おうと思ったけれど
書店の人に問い合わせてもらったところ、もう…無かった(号泣)
はぁ〜…。貸すんじゃなかった…しょうがないから、文庫本を買いました。

あぁ〜、悲しい出来事です。
返して欲しかった…「絶句」。

梓さん>素子さんの小説は文体が独特ですよね。
    それから、どの小説も登場人物がとっても魅力的なんですよね♪
    本屋さんで素子さんの新刊を見つけたときの喜びは、
    もうなんとも言えませんよね♪
    家まで待てずに、電車の中で読んじゃいます(笑)
    梓さん、これからもどうぞよろしくお願いします(^-^)
    
こもぐさん>はじめまして。みなみといいます。
      素子さんの本は何度読んでも、おもしろいですよね。
      読み始めたら止まらない。
      一度、学生の時に試験前夜、素子さんの新刊を手に入れた私。
      誘惑に勝てずに「ほんの少しだけ…」と思って
      読み始めて……気が付いたら、朝方の4時でした。
      次の日の(というか当日)の試験の結果は…ははは。
      かなり悲惨でした。
      そう、素子さんの小説は麻薬のようです。一度読み始めたら
      中毒になる(笑)

akaponさん>こんばんわ!
      えっと…akaponさんとは、もしかしたら同い年かもしれない。
      と言う事で、これからもよろしく、です♪(笑)

   
寒中お見舞い。 by こもぐ2001/1/15 11:07

年賀の時期もすっかり過ぎてしまいましたね。
北海道では氷点下の日々が続いていて、
本屋へのほんのちょっとの遠回りに躊躇してしまう毎日です。

「あした」の方は読み終わりました。
まだ読んでいない方もいるようなので
詳しい感想は次の機会にして、一言。
『長編(新作)が読みたーい!!』
もともと、短編をあまり読まない方なので、
どうしてももっと読みたくなってしまうんですよね。
そして、私も読み返しの連鎖に巻き込まれてました。 σ( ̄∇ ̄;)
少しご無沙汰してました。 by 萩 梓 / Web2001/1/14 2:47

時間がないといいながら読み返してしまうことこそ至福の時間ですね。
しかし何故かそれがネットの時間を削っていたり。
個々に来られずに新刊情報をゲットできなかったり。
ファンの性はあるのに、書店に行くときは必ず二千円以上の現金を持っていない。
それでまだ読めないのですよ、「あした」。されど立ち読みするのは惜しい、と。

>akaponさん
そうだったのですか、ジョセフソン素子…さすがは素子さん、
凄い理系の知識ですね。ぼくは高校、大学とずっと文系だったので、
そういう知識の応用は出来ないんですよ。一本取られてしまいました。

>みなみさん&じゅんたさん
はじめまして。
つくづく、個々の皆様はファン歴が長い…と感心しております。
ぼくは…やっと四年ほどになるのでしょうか。
それまで女の子の一人称の小説をあまり読んでいなかったので、
素子さんの文体が新鮮だった、というのもあります。
しかし、手に入らない本があったり。
本当にこのサイトは勉強になります。

>紫さん
連鎖反応。止まらないですよね、なかなか。
円環状の連鎖反応ですからね。
ぼくも「一応」自作小説のサイトをやっていて、
小説の中では「世界」は全部どこかでつながっているようにしているのですが、
なかなか素子さんのようにはいきません。まだ数が足りなくて。

>みえPONさん
ラビリンス、凄く面白かったです。
サーラもいいですが、トゥードにも惹かれますね。
時間軸ではあり得ない話なのかも知れませんが、
もしもサーラが「根岸美弥子」を知っているディミダ姫に会ったら、
一体何が起こるのでしょう?

卒論で素子さん。国文学ですか?
もしも哲学の卒論でやったら、どういう事になるのでしょう…。
時間がないと言いながら by akapon2001/1/14 0:44

小説を読み返してしまうのはファンとしての性(さが)なのでしょうか。
それともこれがファンが背負った業(ごう)なのでしょうか。

>紫さん

出てましたね〜。手嶋さん。
しかもフルネームとはびっくりしました。
ちなみに『・・・・・絶句』が発売されたのが、1983年。
素子さんが結婚したのが、1985年。
なんか微笑ましいですな。

>みえPONさん

そうですか。通販は無理ですか。残念。
直接買いに行くのは僕もちょっと無理っぽいんですよ。
でも、あ、そうか、関東に住んでる友人に頼めばいいんか。
次の出店予定がわかれば、そこに人を派遣することにします。(勝手に決定)

卒論で新井素子。
見てくれる教授がいるならやっちゃえばいいんじゃねーですかね。
自分が研究したいテーマを論文にするのが一番だと思います。
ただ、他の人の研究成果とか、実績がない題材なので、書くのももちろん、評価がむつかしいかとは思いますね。

そこらへん、国文の先輩として、どうでしょう?>tani-2くん
やっとレポートが終わった…ほっ。 by みえPON / Web2001/1/13 2:47

どもどもです。
お久し振りです。

●akapon様。
通販は…難しいみたいです。
何かちょっと困ってたし…
実際行って買うのが一番ぽいですねー。

●萩 梓 様。
いかがでした?ラビリンス。
私はサーラ大好きなのです。
足かけ8年FANだったりする…
ラビリンスは今のところ、確か4冊あるのかな?
小さいのと、新書と、大きいソフトカバーのと、この間出たデュアル文庫。
私ですか?勿論全部揃えました。(ソフトカバーが一番探すのに時間かかった…)
デュアル文庫では近々「ディアナ…」も入るそうです。

来年の卒業論文は、素子さんを予定…
作品は、ラビリンスかなぁ?もしくは三部作。(扉…、ディアナ…)
どうやって書こうかな?
先生には「本当に新井素子やるの?」って聞かれたし…
でも、何処かの誰かが卒業論文で素子さんやった事があるらしいとの情報も得たし…出来ない事は無い!うん!

ではでは〜♪
遅くなりましたが、新年今年もよろしくお願い致しますです〜♪


またお邪魔〜♪ by 2001/1/13 2:39

さてさて、素子さんの本開放してとうとう全部読んじゃいました。
久しぶりでした〜。(ワタクシ事ですね、すみません)

文庫本、単行本とも持ってるわけではありませんがここのHPのリスト見てたらほとんど網羅してることがわかってやっぱ感動。捨てたもんじゃないぞ、自分!(笑)

>akaponさん
絶句に「手嶋さん」の名前が出てきたのは最初ですよ。
絶句連が実態化しちゃってビックリしてるところで
友人誰かがしくんだんじゃないかって疑ってる場面で。
手嶋さんのフルネームがちゃんと出ててちょっとにんまりしちゃいました。

>萩 梓さん
連鎖反応みたいに読みたくなりますね。
「扉を開けて」ラビリンス」「ディアナディアディアス」とか。
または第13あかねマンションが出てくるやつとか(笑)
「二分割〜」にはちゃっかり「扉を開けて」のメインキャラ3人の名前が出てたりしますよね〜。

ほんとここのHPは活発で来るのが楽しみです(⌒▽⌒)
はじめまして。 by akapon2001/1/12 0:57

>みなみさん

早速こちらにも書きこんでいただいて、ありがとうございます。
そこまで感激してもらえると、僕も非常にうれしいですね。
いやいや、そんなに緊張することはありません。
普段どおりでけっこうですよ。
新井素子の小説などについて、思うところがあればまたお話しましょう。

>じゅんたさん

喜んでいただけて光栄です。
というか、あんまり褒められると照れますな。
いやあ、人から褒められるのに慣れてないもんですから。
情報はできるかぎりマメに更新していこうと思ってますんで、
どうぞ度々来てくださいね。
はじめまして by じゅんた / Web2001/1/11 23:48

はじめまして!じゅんたと申します。
素子さんファン歴かれこれ12、3年になります(^^)
こちらのサイトは情報は充実しているし、掲示板も活発だし、すごいうれしいです!!素子さんサイトでこんな活発なサイトさんは今まで見た事なかったので、大喜びしている次第です。
これからも度々お邪魔させて頂きます(^^)
はじめまして。 by みなみ2001/1/11 21:03

はじめまして。みなみと申します。

皆さん、本当に素子さんの作品、大好きなんですね。
えっと、私も…素子さんの作品大好きです☆

あぁ〜、ここにこれて良かった。
もう『見つけたっ!』って感じです。(←何を?)
う、うれしいよぉぉぉ〜〜〜(泣)

なんだか興奮(?)しちゃって、上手にしゃべれませんが…。
思わず書き込みをせずには居られませんでした。
なんだか訳のわからない書き込みで、すみません。
また、遊びに来ます♪
これからも、どうぞよろしくお願いします m(_ _)m ぺこ

akaponさん>akaponさ〜ん…本当に、遊びに来ちゃいました。
      もう、ドキドキですっ!思いっきり緊張してますっ!
      カチンコチンですの〜(゚o゚)
帰還 by akapon2001/1/10 22:38

みなさん、元気に新世紀を迎えましたか?
僕もようやく仕事がひと段落つきました。疲れが抜けね〜。

>紫さん

今年もよろしくお願いします。
「絶句」に手嶋さんが登場してたんですね。
どんなキャラクターだったか思い出せない〜!
読み返してみなきゃ。でも、読む時間がない〜!

>やまねこさん

はじめまして。
文字化けしちゃってすいませんでした。
「やまねこ」っていうと、やっぱり「大きな壁の中と外」か、
「どんぐりと山猫」を思い出しますね。
それから、映画版「グリーン・レクイエム」にも新井素子さんは出演しております。ほんの一瞬だけなんで、知らなきゃ見過ごすくらいの短さなんですけど。
って、これって出演っていうんだろうか。

>萩 梓さん

ジョセフソンさんと結婚した場合、日本式に名前を表記すると「ジョセフソン素子」となりますね。
ここで、「広辞苑」登場。

●ジョセフソン素子(じょせふそん−そし)
ジョセフソン効果を利用したスイッチング素子。電圧の標準に用いられ、高速コンピューターへの応用が注目されている。

「広辞苑」退場。
ほとんどシャレの世界ですな。
しかし、もしどこかの新井さんという物理学者が、新しい素子を発見・開発したりしたら、彼の名字が新しい素子に命名されるという栄誉を受けることになるでしょう。その名も、

新井素子

ちなみに、検索サイトで「新井素子」を検索すると、「××素子」を研究する新井さんのページがたくさん発見できたりします。
ぼくもです。>紫さん by 萩 梓 / Web2001/1/10 3:11

素子さんが現在、「手嶋素子」であることは。
ここで初めて知りました。
結構、隠していらっしゃいますよね、素子さんは結婚後の
名字を。エッセイを拝見する限り。
それにしても、「味野」さんでなくて、良かった。
でも、『愛の交換日記』に、「味野さんとジョセフソンさんとは
絶対結婚しないと決めている」と書かれてましたが、
どうして素子・ジョセフソンではいけなかったのでしょうか?

それと、ええ、本当に読み出すと止まらなくて。
しかも素子さんの場合、世界が続いていると、どうしても
『扉を開けて』の後に『ラビリンス』が読みたくなったり…
ありますよね。そういうことも。
こんばんは。 by 2001/1/8 23:40

こんばんは。
またまたお邪魔します。

狭い部屋に素子さんの本を開放して以来
再びどっぷりハマリ中です。

>萩 梓さま
改めてはじめまして。
ええ。そうなんですよ。部屋においておくと
いつのまにか手に取って読み終わるまで止まらない・・(^-^;
もう覚えるほど読んでるはずなのに〜(苦笑)

最近絶句を読み返して「手嶋さん」の名前を発見して「おおっ!」となりました。
ここのHPで初めて手嶋さんというお名前を知ったのです。
by やまねこ2001/1/7 21:52

気になるかもしれないので、一応訂正です。
文字化けしている部分は「映」の一文字だけです。
はじめまして。 by やまねこ2001/1/7 21:47

ええっと、新井素子関係のHPってないのかな?ということで検索して出てきました〜。
素子さんの本はほとんど全部読んでますよ〜。長いことしまったままだけど、また読み返してみようかな。。でも、そうすると、えんえんそれだけに時間を使ってしまうんだよね〜(^^;)
「やまねこ」のハンドルネームは新井素子作品とは関係ないです。
ちなみに宮沢賢治とも関係ないです。なんとなく気に入った名前なんです。
映画のグリーンレクイエムは見たことあります。でも、本以外のメディアはほとんど知らないんですよ。「出演」もしていたんですね〜。
とんだ勘違いを…。>akaponさん by 萩 梓 / Web2001/1/6 17:47

『ラビリンス』読了しました。
『扉を開けて』『ディアナ・ディア・ディアス』だけでは
判らなかった世界の秘密に…感心しました。

でも。
「あれ…あれれ?」
akaponさんの書き込みを拝見して。
冒頭の詩って…あとがき二つ…。

すみません、ぼくの勘違いでした。
ぼくが買ったのは、「単行本」の方だったんですね。
確かにもう一つ、文庫本でもない『ラビリンス』が…。

年甲斐もなく、常識知らずですみません。
でも期待を裏切らず、面白かったです。


新世紀になって、カウントダウン番組の続きのドミノ倒しを
見てから、自室に戻って何気なく、文庫本を手に取り…
それは『・・・・・絶句』の下巻。
故にぼくが新世紀最初に読んだ本は、素子さんの、となりました。
おめでたいんでしょうか? いや、おめでたいんですね。きっと。

>紫さん
はじめまして。
ぼくも素子さんに心酔してからは、異常に部屋に文庫本が
増えてしまい、整理に困っています。
でもその辺に置いておくと、知らない内に読んでるんですよね(笑)。
お年賀 by 2001/1/4 13:19

あけましておめでとうございます。
こちらに書きこむのは初めてです。
今年も出没しますのでどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

初詣もいかず1月1日に至っては日も拝むの忘れた
だらけた出だしでした〜。
まぁ今年もぼちぼちやっていくかなっと。

部屋が狭いので新井素子さんの本を出しておくスペースがなくて
いままでしまったまま・・。この間出したので久々読みなおしして
悦に入っています(^-^;
あけましておめでとうございます。 by akapon2001/1/3 0:05

管理人多忙のため、挨拶が遅れました。すいません。
1月10日まで、ちょっと書き込みできないと思います。
ふたたびすいません。

>あくあさん

誕生日おめでとうございます。
僕と同学年なんですね。
今年もよろしくお願いします。
誕生日。 by あくあ2001/1/1 23:48

akaponさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

『……絶句』GET以来本を買っていませんので、今年はちょっとがんばってみようかな、と、思っています。

ちなみに今日で32歳です。本厄……。

20世紀最後の日。 by akapon2000/12/31 2:12

>萩 梓さん

新書版『ラビリンス』には、冒頭に中原中也の詩が載ってるんですよね〜。
僕は最初に単行本版を買ったんですが、
そっちの方には中也の詩は載ってないんですよ。
で、あとから友達に見せてもらったときびっくりしまして。
詩は載ってるは、あとがきは二つついてるわで、
なんだよ、新書版の方がいいじゃん、
と苦々しく思ったことを思い出しました。

キャットテイル、自作してみてはどうですか。

>こもぐさん

正月休みに読みますか。読書三昧かな。
いいですね〜。
どうぞ楽しんで下さい。
素子さんの新作はどうですか。
また感想など、書きこんでくれるとうれしいです。

ちなみに僕は1月10日まで無休で仕事です。
つ、つ、つ、辛れぇ〜。

それでは、みなさん、よい新世紀を。
by こもぐ2000/12/29 11:15

akaponさんのお言葉に甘えて、また遊びに来ました。
素子さんFANが周りにいないので、ここのページはとっても嬉しいです。

ようやく昨日、「2001」を買いました。
引越ししたばかりなので、片付くまで我慢してたんです。。。
ずっと本を読んでなかった反動か、他の本もあわせて一気に4冊も買っちゃいました。
お正月休みに楽しむ予定です。

>萩 梓さん
レス、ありがとうございます。
ナルニアも是非もう一度読んでみてくださいね。
ちなみに、私も北海道に住んでいます。

ラビリンス…。>みえPONさん by 萩 梓 / Web2000/12/29 4:38

先日、友人と市内でも一番大きい方の本屋に行きまして。
丁度給料日の後だったので、立ち読みでなく買おうと。
目の前には、まだ読んでいないシリーズ本の上・下巻。
頭の中には、すぐに訪れるであろう金欠の日々。

ぼくは執拗に買うことを薦める友人に言いました。
「ずっと『デュアル文庫』というものを探してるんだけど、
君が見つけてくれたら買う」

しばらく、本屋中をうろつきました。
されど「デュアル文庫」の棚はなく…。
「やっぱり今日も何も買わないのか…」
ふと見ると、「デュアル」の字が付いた帯。
棚ではなく、平積みになってました…数冊。
そして、「ラビリンス」は無し。
結局、素子さんのではない文庫本を二冊買って帰りました。

昨日、某BOOK-OFFで、買えました。「ラビリンス」。
しかも(?)新書の方。
これを読みながら21世紀を迎えるのもおつですね…。

>akaponさん
キャットテイルはプレゼントですか…。うーむ。
すみません、素子さんの作品で初めて知ったもので。
逆に言えば、自分で作ってもいいんですね?
出来るかどうかは別として。

ところで、東京ビッグサイトですか。
名前は聞いたことがありますが、行ったことはないです。
友人は結構行ってますが。
如何せん、北海道からは…遠いんですよね。
ファンクラブ by akapon2000/12/28 1:35

やっぱり東京ビッグサイトですか。
まあ、仕事がなかったとしても、30日はうちで餅つきをやるんだった。
なんで暮れも押しつまっりっぱなしのそんな時にやるんかね。
久しぶりに東京にも行ってみたいんですが。

新井素子のファンクラブの人たちがどんな活動をしてるのか、非常に興味があります。
なにしろ、他との交流が全くない素研なもんですから。
(まあ、あえてそうしてる、って話もあるんですが)
会誌が通販で買えるんだったら買いたいなあ。
ということで、確認をお願いしちゃっていいですか?
どもどもですます by みえPON / Web2000/12/27 2:31

●akapon様

私のHNは、名前の方をもじってます(って、付け足しただけ。)
高校時代のあだ名です。

コミケは、やはり今年も東京ビックサイトです。
お仕事なのですか。それは…こられないですねー…
通販とかするのかどうか聞いておいてみます。

ではでは〜♪
更新が滞り気味。 by akapon2000/12/27 0:47

>tani-2くん

情報をどうもありがとう。
しかし、1日2冊ペースか。すごいね。
僕もそれくらいのペースで小説が読みたいな、と思う今日この頃。
ちとうらやましいっす。

>萩 梓さん

キャットテイルのぬいぐるみって、最初はファンの人からの
プレゼントじゃなかったっけ?
そのあと、市販されたんでしょうかね。
手嶋家ではたくさん生息が確認されているようですが。

ついでなんですが、キャットテイルって、どの小説に登場してたんでしたっけ?
ラリー・ニーヴンだったかなあ。
知ってる人いますか?

>みえPONさん

そうですね、PONが同じですなあ。
僕は名字をもじってつけてみました。
RPGの主人公の名前は、ほとんどこれにしてます。
みえPONさんはあだ名かなんかですか?

「どんきほ〜て」さんはコミケに出店するんですね。
会誌が出るってすごいなあ。読んでみたいっす。
僕は年末年始は不休で仕事してますんで、残念ながら
コミケに行くことはできないんですよ。
実は一回もコミケって行ったことないんです。

今回も東京ビッグサイトなのかな?
あそこも、有明コロシアムにシュートボクシングの試合を見に行った時、
近くを通ったぐらいで、中に入ったことってないなあ。
にゃふーっ ねむねむですー by みえPON / Web2000/12/25 1:07

どもどもです。
みえPONです。
風呂上がり。さっぱりです。
寒い夜の湯船は格別にゃぁ…

●akapon様(わぁい♪PONが一緒だぁ♪)
いえいえいえいえ。結構緊張しましたです。はい。
(でも、泣かなかったなぁ…うむむ。他の憧れの有名人さんと逢った時は泣いたけど…サイン会でも泣かなかった…)
んで、舞い上がって舞い上がって舞い上がりまくって、ふと我に返って、
「インタビューしなきゃっ!色々聞かなきゃ!」
って指名に燃えて、そしたら根性が座ったので、色々聞けました。ほっ。

インタビュー本は…今年の冬コミでは出ないようです。
あ、でも、うちのFANCLUBで新刊が出ますので、良かったら買いに来てみてはいかがでしょうか?
素子さんのFAN本とかも売ってますし、売り子さんとかも全員素子さんFANです。
えっと、情報載せておきますね。

12/30 西地区 せ 06b(どんきほ〜て)
今回の会誌は「素子さんのホラー特集(60ページもある)」
です。
もしかしたら…私のイラストも入ってるかな?
(P・N ARETHAです。)

●萩 梓様
こちらこそ、宜しくお願い致しますですっ。
「ラビリンス」をお読みでない?
是非是非読んでみて下さい。(見つかる事を大祈り)
デュアル文庫…うーん…
徳間書店の文庫か新書が良いとは思いますが…古本屋じゃないと無い可能性が…

ではでは〜♪
また来ますです〜♪
by 萩 梓 / Web2000/12/24 17:41

どうも、最近多忙だったので久しぶりです。
「はじめまして」の方も、どうぞ、よろしく。

>こもぐさん、akaponさん
ナルニアですか。ぼくは小学生の頃に読みました。
凄く面白かったのですが、昔のことなので、あまり内容が思い出せません。
今度再入手…ですね。

>みえPONさん
実は…『ラビリンス』はまだ読んでないのです。
「デュアル文庫」も探したのですが見つからず。ちなみに、北海道です。
…単に本屋に行ってないだけです。すみません。
今世紀中に…とは思えど、デュアル文庫にするか否かが問題です。
インタビュー…いいですね。ぼくも一度素子さんにお会いしたい…
ひとめだけでも。

>seiさん
ルイ・ヴィトンにキャットテイル。凄いですね…。
キャットテイル、是非欲しいのですが、現在入手可能なのでしょうか?

>tani-2さん
そうですか、ありがとうございます。明日でも本屋に行ってみますね。
『ラビリンス』捜索も兼ねて。
読書日記 by tani-22000/12/24 2:10

こんにちは。

もしかしたらご存知の方も多いかもしれませんが、「新刊展望」2001年1月号(本の取次会社の日本出版販売が発行している新刊案内の小冊子。一応雑誌扱いで160円ですが、書店によってはただでくれるところもあったりする)に「読書日記〜日々、平穏」と題した新井素子さんの文章が2ページ載っていました。内容はタイトル通り11月12日〜16日までの読書日記です。
しかし1週間に十数冊とは相変わらずすごい読書量だと思いました。

それでは、また。
盛況だあ。う、うれしい。 by akapon2000/12/23 1:26

>みえPONさん

インタビューって、直接本人に聞きたいことが聞けるのがいいですね。
でも、緊張したりしませんでしたか?
僕は昔、実相寺昭雄っていう映画監督とほぼ一対一で話す機会があったんですが、緊張して全然会話なんてできなかったです。
なにしろ尊敬する人が目の前にいるわけですから、もうパニックです。
後から考えると、いろいろ聞きたいことがあったのになあ、って激しく後悔しました。今思い返してもああ悔しい。
インタビュー本はコミケとかで売るんですかね。
もし通信販売なんかもやるようなら、僕も一冊欲しいです。

>seiさん

おお、これ、ご存知でしたか。
角川文庫の『金色のミルクと白色い時計』って本の「まり子のMはモンスターのM」という短編に出てきますね。ページでいうと183ページです。
たしかに、他に心当たりはないですよね〜。
キャットテイルとくれば新井素子、って相場は決まってますから。
僕も初めて読んだとき大笑いしました。

>こもぐさん

初めまして。
ようこそ、素研のホームページへ。
「ナルニア国物語」のことは、『扉を開けて』コバルト文庫版のあとがきにたしかに書いてありますね。
僕はまだこの話を読んだことがないんですよ〜。
いつか読んでみたいと思いつつ。いつ読めるかなあ。
よかったら、また来てくださいね。
はじめまして。 by こもぐ2000/12/22 10:32

はじめまして。こもぐと申します。
このページを見つけられて、本当、うれしいです。
私は素子さんFAN暦12年くらいです。
初めて読んだのは親戚が貸してくれた「星へ行く船」でした。

下の書き込みにもありましたけど、
「ナルニア国物語」は、素子さんの好きな本ですよ。
確か「扉を開けて」のあとがきに、この本のように
”扉を開けて”始まるお話を書きたかったようなことが書いてあったはずです。(間違ってたらごめんなさい。)
ちなみに、ナルニアの方は洋服ダンスの扉から始まるお話です。
私も「ナルニア国物語」が好きで、素子さんのあとがき読んで、すっごく嬉しかった記憶があります。
新井さんが出てた・・・のかな? by sei2000/12/22 10:14

 先日、大原まり子さんの「金色のミルクと白い時計」という短編集(かなり古いです。)を読んでいたところ、おそらく新井さんであろう人物がチラッと出てきてました。
ほんの一文、「顔が猫で胴体がヘビのぬいぐるみを年中ルイ・ヴィトンのバッグに巻きつけている女流作家」っていうのだったんですけど・・・。あえて名前は出ていませんでしたが・・・。ほかに心当たりがなかったので、大爆笑してしまいました。他にいませんよね〜、こんな人。
ま〜、どうでもいいことですが、こういうのって妙に人に話したくなったもので・・・。 では。
いえいえいえいえ〜♪ by みえPON / Web2000/12/21 2:43

レスポンス、ありがとうございますです♪
みえPONです。
呼び捨てでいいでございますです。

インタビューですか?
そうですね…素子さんは機関銃トーカーな(トーク)お方でした。
んで、私はねっからのサーラFANなので、「ラビリンス」の事とか聞きましたです。
(…今度、「どんきほーて」がインタビュー本出すので、それにのっていたらネタばれになるし…うーん…)
あ、インタビューは、主催者ではないです。その他大勢のうちの一人に当たったって事です。

デュアル文庫版ですか?
買いましたよ、もちのろんろん!
「ラビリンス」が一番好きですもの。
(2位は「ひとめあなたに…」)
次に出る予定の「ディアナ…」も楽しみ。
でも。
絵はイヤです。何故なら…サーラがストレートの赤髪でないのと、あまり描き込まれたイラストではなかったから…
新書版とかのイラストはそれはそれでいいのですけど、やっぱりサーラは赤髪でなくっちゃ。(しかもストレート。)

東洋大再開発は、来年終わる予定みたいです。(4月?)
外観とかはもう出来ているし、きっとほぼ終わっているのでしょう。中も。
旧校舎は取り壊しだそうです。
って、私、局瑤覆鵑任垢茵繊(文学部国文学科)
BOXのある様な大きなサークルとか入りたいなぁ…ボソっ。
旧校舎の教室の椅子が木なのが大好きです。

ではでは〜♪
長いカキコミ、シツレイしましたです。
すいません。↓ by akapon2000/12/20 1:22

みえPONさん、呼び捨てにしちゃいました。
ごめんね〜。
はじめまして。>みえPON  by akapon2000/12/20 1:21

どうもどうも、来てくれてありがとうございます。
「どんきほ〜て」の名前だけはかねてから聞き及んでおります。
インタビューなんてしちゃうんですか。すごいなあ。
このホームページにない情報をお持ちなら、
ちょっとわけて欲しいなあ、なんて思ったりして。

そうですか、東洋大の学生さんですか。
知らないのも無理ないっすよ。なにしろ活動期間が短かったし、
もう10年も前の話ですからね〜。
みえPONさんは、「ラビリンス」がお好きなんですか。
デュアル文庫版、買いました?
僕は、最初読んだ時はあまりピンとこなかったんです。
なにしろ、文章が一人称じゃない! 
でも、後から何回か読み返してるうちに好きになりました。
巡る巡るラビリンス、とは生きてく上での迷いそのものじゃないか、
なんて考えこんだりして。

卒論で新井素子とは。いいっすね〜。
ぜひともがんばってください。

そういえば、白山再開発はもう終わったんかなあ。
素研が誕生した分析哲学研究会のボックスも、
今ではすでに存在しないのがちと淋しい。

No.002へ] [No.004へ] [ログ一覧へ] [トップページへ