ホットドッグ・プレス(Hot-Dog PRESS) 1983年6月10日号

No.73

書誌情報

「熱犬通信」

様々な人が執筆したコラムのコーナーです。

新井素子関係の内容

インタビュー:「学生生活のかたわら10冊の作品をモノにしたSF界の姫君・新井素子サンの軽々とした性間移動論。」

「熱犬通信」コーナー(P.6〜11)の先頭に掲載された。ページ冒頭には次のように書いてある。

「80年代は女の時代だ」という男がいる。「俺たちにとってイヤなことが次々と起きてくるゾ」ともいう。そういえば、ニュータイプの女の子がゾクゾクと出ているような気がする。男と女の間にあった危ういバランスが崩れて、恐ろしいモノがいっきに噴出する……。タスケテクレ!

小見出し

談話中に登場する小説

化粧っ気、パーマっ気がないせいか第一印象は、普通の高校生だ。ただならないのは、ショルダーバッグのベルトに巻きついた猫顔のヘビ状のぬいぐるみ。これはラリー・ニーブンのSFに登場するDNA(ダナ)という生き物だそうです。

「ニーブン」でなく「ニーヴン」と表記するのが望ましい。

おとといは3冊。きのうは読んでない。今日はこれ(と、バッグからフリー・マントル作のSF『明日を望んだ男』を出して)を読みます。

「フリー・マントル」ではなく「フリーマントル」と表記するのが望ましい。また『明日を望んだ男』はSFではない。

談話中に登場する音楽

――書くときはBGMつき?

新井「そうです。書いていてフと気が抜けたときに音が流れていないとダメなほう。音楽は、明るいものならなんでも。サザン・オールスターズとユーミンはいちばんよく聴きます。最近気に入ってるのは山下久美子。明るいです。(後略)」