火の鳥 望郷編

書誌情報

【文庫】

新井素子関係の内容

解説:「永遠の孤独」

初出時は「追悼エッセイ」でしたが、解説としてこの本に収録されました。

角川文庫版『火の鳥』リスト(全13巻)と解説執筆者

  1. 黎明編……「死に捧げる言葉」赤川次郎
  2. 未来編……「僕と、火の鳥と、永遠の生命」景山民夫
  3. ヤマト・異形編……「DNA手塚治虫」竹宮惠子
  4. 鳳凰編……「手塚治虫『火の鳥』に捧ぐ」酒見賢一
  5. 復活・羽衣編……「時空から幽冥へ 「火の鳥」の飛翔に寄せて――」荒俣宏
  6. 望郷編……「永遠の孤独」新井素子
  7. 乱世編[上]……「No.1というものは…」中平まみ
  8. 乱世編[下]……「手塚マンガとぼく」眉村卓
  9. 宇宙・生命編……池田理代子
  10. 太陽編[上]……「手塚治虫的世界の遠景」関川夏央
  11. 太陽編[中]……「手塚先生、おむかえでごんす」吉本ばなな
  12. 太陽編[下]……「幻の「火の鳥」を追いかけて」村上知彦
  13. ギリシャ・ローマ編……「妹から見た兄治のことども」宇都美奈子

ネット書店で購入 | 火の鳥