迷犬ルパンの檜舞台

書誌情報

【新書】

【文庫】

新井素子関係の内容

小説の舞台が軽井沢で行われたSFファンのイベント「SFまつり」ということで、日本SF作家クラブに所属する著者らしくSF関係者が多数実名で登場します。新井素子さんもワンシーンに出演しています。

「犬辞」

本の冒頭に「犬辞」として関係者への謝辞が掲載されています。

吾妻ひでお

新井素子

石川英輔

石川喬司

石津嵐

風見潤

小隅黎

高千穂遙

豊田有恒

永井豪

眉村卓

モンキー・パンチ

矢野徹

(アイウエオ順)

そのほか、あれはひょっとしたらオレじゃないかとご心配の、共演してくださった皆様方に――

ルパンより愛をこめて(訳・辻真先)

本編

主人公の朝日刑事が会場内で迷子になってしまった場面。

あ、やっと人間がいた!

メガネをかけた女の子が、スーパーマンにサインをもらってる……と思ったが、よく見るとサインをねだっていたのはスーパーマンのほうだった。スタッフのひとりかもしれない。当たって砕けろと、その少女をつかまえて訪ねた。

「楽屋はどっちでしょう」

「こめんなさい……私、いまそこから出てきたんですけど、帰る道がわからなくなって……」

メガネの下の目が途方に暮れている。

こりゃいかん……重傷の方向オンチらしい。そのとき絢子が飛んできて、

新井先生! こっちでーす」

と叫んだ。

先生? ちゅうことは、彼女は作家なのであるか。

おどろいていると、絢子が朝日に気づいてくれた。

「あら刑事さん。川澄さんならむこうにいらしてます」

「どうも……」

ゆうべ犯人に擬した絢子ではあったが、地獄で仏に会った気分だ。はぐれないようについてゆきながら、こっそりと聞いた。

「いまの人は?」

新井素子先生ですよ」

「あ……彼女が!」

健から名前はよく聞かされていたので、びっくりした。いまのところ日本でいちばん若いSF作家だ。ファンクラブもあちこちにできている。

方向音痴ネタをからめているあたり、リアリティがありますな。

ネット書店で購入 | 迷犬ルパンの檜舞台