愛のさかあがり 上巻

書誌情報

【文庫】

新井素子関係の内容

「ACT 6 大鳥居の下SFは集った」(1985年9月9日)

その年の夏に行われた日本SF大会(ガタコン)の参加レポートの巻。P.63に、

SFとはありていにいってこのようなものです

という端書きとともに、ぼさぼさ髪にサンバイザー、よれよれTシャツと裾の短いラッパのジーンズを身につけ、右に肩かけカバン、左に紙袋を持った眼鏡でニキビで小太りの男性の絵が描かれているのですが、そのTシャツに新井素子さんのサインが書かれています。

Tシャツには他に大原まり子のサインもあって、むべなるかなと思います。サインはその他に3名(誰かは不明)からもらったようです。

「ACT 21 追憶の温泉ツアー(前編)」(1985年12月30日)

P.206,207に新井素子さんが登場しています。

温泉ツアーに出かけることになった、とり・みき以下総勢9名(男ばっか)。早朝の集合場所にたまたま通りかかった女性の姿が。

出がけにいきなり逢ったその女性こそ誰あろう!

SF界のシンデレラと呼ばれ既に10年

今やもう人妻作家となられた新井素子さんなのだった

新井素子さんも鬼怒川温泉へ出かけるところだったとのこと。その後ろ姿を見送る彼らはそっとつぶやくのでした。

旅行行くのに講談社の紙袋一つで出かける人も珍しいんでないかい

ネット書店で購入 | 愛のさかあがり