Trouble Is My Business

解説

【邦訳】

  1. 「怖じけついてちゃ商売にならない」(清水俊二・訳)
  2. 「事件屋家業」(稲葉明雄・訳)

【参考サイト】

登場作品

小説:「星へ行く船」

「そう。Trouble is my business.

「お前がそういう台詞を口にすると、R・チャンドラーのファンが嘆くんじゃないかい」

今度は大沢さんが太一郎さんからかう。

小説:「雨の降る星 遠い夢」

昔から推理小説好きだったし。Trouble is my business っつったら、もろ、レイモンド・チャンドラー路線じゃない。

小説:「星から来た船」

(ハードボイルドって単語のあとで、やっかいごとよろず引き受けます、みたいな言葉をだすと、大抵の人がずっこけちゃうんで嫌なんだけれど……どういう訳か、うちの所長、”Trouble is my business”を、”やっかいごとが俺の仕事だ”って訳しちゃうもんで……。私、所長の英語力には文句をつける気はまるでないんだけれど、所長の日本語のセンスには時々疑問を感じる……)

インタビュー:「ぼくたちの時代[第5回]」

主人公が、犬神明さんッていうんですが、スゴク素敵な方でネ、中学時代ずうっと彼に憧れ続けていたんです。どォ言えばいいのかしら。たとえばレイモンド・チャンドラーなんかも好きなんですけど、フィリップ・マーローはイイなァって思っても、それは犬神明さんの方が、日本人の部分だけ感情移入しやすい性格をしているんです。ちょっとあっちのは渇きすぎているというか、そのワリには、すごくセンチメンタルだし、好きなんだけど、フィリップ・マーロー素敵!というほどには好きになれないんです。

ネット書店で購入 | Trouble Is My Business