小倉百人一首

解説

【内容】『広辞苑』第五版より。

歌集。藤原定家撰。宇都宮頼綱(蓮生)撰説もある。天智天皇から順徳天皇の時代に至る百人の歌人の歌各1首を撰したもの二条家で重んぜられ、近世以後歌ガルタとして普及。単に「百人一首」(ヒャクニンシュともよむ)と呼ばれたが、近世以降「新百人一首」などと区別して「小倉」の2字を冠する。小倉山荘色紙和歌。小倉百首。

【参考】(財)小倉百人一首文化財団

登場作品

小説:「通りすがりのレイディ」

P.81

「何だよ。……俺、別に水沢さん、あんたのことを頼りにしてるだなんて、これっぽっちも言ってないぜ」

色にでにけりってな。今日来るとは思っていなかった俺のことを、わざわざおまえ、ゲートの処にはりついて、ずっと待っててくれた訳だ。これで、”待たれていない”って思う奴は、なかなかいねえんじゃねえか?」

「色にでにけり」→No.40を参照(歌では「でにけり」でなく「いでにけり」)。

P.254

拾遺和歌集」に同じ→No.53を参照。

小説:「・・・・・絶句」

「ん?」

あら何だライオンさん、読書の最中だったんだ。声かけない方がよかったのかな。

「何読んでんの?」

百人一首

どんどん日本文学に精通してゆくなあ。

「新古今ちょっとひもといたんだけど、技巧に走りすぎてて――このくらいストレートに意味が判る方がいい」

完全に、古典に悩む受験生より、アフリカ走り回るライオンさんの方が、日本文学の通になってしまった。古典苦手な人は、百人一首、ストレートに判りはしないだろうから。

「それにしても恋の歌が多いんで、今更驚いてる。人間って、ちゃんとした発情期がない分、面倒なんだね」

ちょっと苦笑。

「おまけにその面倒が、何となく理解できそうな気がして怖い。もひとつおまけに、腹がたってくるんで困る」

「腹がたつ?」

藻塩と一緒に焦げたって、こっちから行って会えりゃそれでいいじゃないか! 岩にせかるるったって末に会えればいいじゃないか!

さ……叫ばれると……凄い迫力。

「あ……悪い。判ってはいるんだけどね。藻塩と一緒に燃えつきちゃっても会えない人を待ってたり、岩にさかれた片方の流れが途中で切れたりするとね」

ライオンさんの台詞に歌のフレーズが出てきています。

「藻塩と一緒に焦げたって」→No.97を参照。

「岩にせかるるったって末に会えればいいじゃないか!」→No.77を参照。

小倉百人一首

No. 歌人
(合)大石天狗堂「小倉百人一首解説書」より
1 秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ 天智天皇
2 春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山 持統天皇
3 足引きの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかもねむ 柿本人麿
4 田子の浦に打出でてみれば白妙のふじの高嶺に雪は降りつつ 山部赤人
5 奥山に紅葉ふみ分けなく鹿の声きく時ぞ秋は悲しき 猿丸大夫
6 かささぎの渡せるはしにおく霜のしろきを見れば夜ぞふけにける 中納言家持
7 天の原ふりさけ見れば春日なるみかさの山に出でし月かも 安部仲麿
8 わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり 喜撰法師
9 花の色は移りにけりな徒に我が身世にふるながめせしまに 小野小町
10 これや此の行くも帰るも別かれては知るも知らぬも逢坂の関 蝉丸
11 わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人にはつげよあまの釣舟 参議篁
12 天つ風雲のかよひぢ吹きとぢよをとめの姿しばし留めむ 僧正遍昭
13 筑波嶺の峯より落つるみなの川恋ぞつもりて淵となりぬる 陽成院
14 陸奥のしのぶもぢずり誰故にみだれ初めにし我ならなくに 河原左大臣
15 君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪は降りつつ 光孝天皇
16 立別れいなばの山の嶺におふるまつとし聞かば今帰り来む 中納言行平
17 ちはやぶる神代も聞かず竜田川から紅に水くくるとは 在原業平朝臣
18 住の江の岸による波よるさへや夢の通ひ路人目よくらむ 藤原敏行朝臣
19 難波潟短き葦のふしのまもあはで此の世をすぐしてよとや 伊勢
20 侘びぬれば今はた同じ難波なる身をつくしても逢はんとぞ思ふ 元良親王
21 今来むといひしばかりに長月の有明の月を待ち出づるかな 素性法師
22 吹くからに秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ 文屋康秀
23 月見れば千々に物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど 大江千里
24 此の度は幣もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに 菅家
25 名にしおはば逢坂山のさねがづら人にしられでくるよしもがな 三条右大臣
26 小倉山峯のもみぢ葉心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ 貞信公
27 みかの原わきて流るる泉川いつみきとてか恋しかるらむ 中納言兼輔
28 山里は冬ぞ寂しさまさりける人目も草もかれぬと思へば 源宗干朝臣
29 心あてに折らばや折らむ初霜の置きまどはせる白菊の花 凡河内躬恒
30 有明のつれなく見えし別れより暁ばかり憂きものはなし 壬生忠岑
31 朝ぼらけ有明の月と見るまでに吉野の里に降れる白雪 坂上是則
32 山がはに風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり 春道列樹
33 久方の光のどけき春の日にしづごころなく花の散るらむ 紀友則
34 誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに 藤原興風
35 人はいさ心もしらずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける 紀貫之
36 夏の夜はまだ宵ながらあけぬるを雲のいづこに月宿るらむ 清原深養父
37 白露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける 文屋朝康
38 忘らるる身をば思はず誓ひてし人の命の惜しくもあるかな 右近
39 浅茅生の小野の篠原しのぶれどあまりてなどか人の恋しき 参議等
40 忍ぶれど色に出でにけり我が恋はものや思ふと人の問ふまで 平兼盛
41 恋すてふわが名はまだき立ちにけり人知れずこそ思ひそめしか 壬生忠見
42 契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山浪こさじとは 清原元輔
43 逢ひみての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり 権中納言敦忠
44 逢ふことの絶えてしなくばなかなかに人をも身をも恨みざらまし 中納言朝忠
45 哀れともいふべき人はおもほえで身のいたづらになりぬべきかな 謙徳公
46 由良の戸をわたる舟人楫をたえ行方もしらぬ恋の道かな 曽根好忠
47 八重葎しげれる宿のさびしきに人こそ見えぬ秋はきにけり 恵慶法師
48 風をいたみ岩うつ浪のおのれのみ砕けてものを思ふ頃かな 源重之
49 御垣守衛士のたく火の夜はもえ昼は消えつつものをこそ思へ 大中臣能宣朝臣
50 君がため惜しからざりし命さへ長くもがなと思ひけるかな 藤原義孝
51 かくとだにえやはいぶきのさしも草さしも知らじなもゆる思ひを 藤原實方朝臣
52 明けぬればくるるものとは知りながらなほ恨めしき朝ぼらけかな 藤原道信朝臣
53 嘆きつつ独りぬる夜の明くるまはいかにひさしきものとかは知る 右大将道綱母
54 忘れじの行末までは難ければ今日を限りの命ともがな 儀同三司母
55 瀧の音はたえて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞えけれ 大納言公任
56 あらざらむ此の世のほかの思ひ出に今一たびの逢ふこともがな 和泉式部
57 廻り逢ひて見しやそれともわかぬまに雲がくれにし夜半の月かな 紫式部
58 有馬山ゐなのささ原風吹けばいぜそよ人を忘れやはする 大貳三位
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて傾くまでの月を見しかな 赤染衛門
60 大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立 小式部内侍
61 古の奈良の都の八重ざくら今日九重に匂ひぬるかな 伊勢大輔
62 夜をこめて鳥のそら音ははかるとも世に逢坂の関はゆるさじ 清少納言
63 今はただ思ひ絶えなむとばかりを人づてならで言ふよしもがな 左京大夫道雅
64 朝ぼらけ宇治の川霧絶えだえにあらはれ渡る瀬々の網代木 権中納言定頼
65 恨み侘びほさぬ袖だにあるものを恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ 相模
66 諸共にあはれと思へ山ざくら花よりほかに知る人もなし 大僧正行尊
67 春の夜の夢ばかりなる手枕にかひなく立たむ名こそ惜しけれ 周防内侍
68 心にもあらで憂世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな 三条院
69 嵐ふく三室の山のもみぢ葉は龍田の川の錦なりけり 能因法師
70 寂しさに宿を立ち出でて眺むればいづくも同じ秋の夕暮 良暹法師
71 夕されば門田の稲葉おとづれてあしのまろやに秋風ぞ吹く 大納言経信
72 音に聞く高師の浜のあだ浪はかけじや袖のぬれもこそすれ 祐子内親王家紀伊
73 高砂の尾の上の桜咲きにけり外山の霞立たずもあらなむ 権中納言匡房
74 うかりける人を初瀬の山おろしはげしかれとは祈らぬものを 源俊頼朝臣
75 契りおきしさせもが露を命にてあはれ今年の秋の去ぬめり 藤原基俊
76 わたの原漕ぎ出でて見れば久方の雲居にまがふ沖つ白波 法性寺入道前関白太政大臣
77 瀬を早み岩にせかるる瀧川のわれても末に逢むとぞ思ふ 崇徳院
78 淡路島かよふ千鳥の鳴く声にいくよ寝覚めぬ須磨の関守 源兼昌
79 秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月の影のさやけさ 右京大夫顕輔
80 ながからむ心も知らず黒髪のみだれて今朝はものをこそ思へ 待建門院堀川
81 ほととぎす鳴きつる方を眺むればただ有明の月ぞ残れる 後徳大寺左大臣
82 思ひわびさても命はあるものを憂きに堪えぬは涙なりけり 道因法師
83 世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞなくなる 皇太后宮大夫俊成
84 ながれへばまた此の頃やしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき 藤原清輔朝臣
85 夜もすがらもの思ふ頃は明けやらでねやのひまさへつれなかりけり 俊恵法師
86 嘆けとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな 西行法師
87 村雨の露もまだひぬ槙の葉に霧立ちのぼる秋の夕暮 寂蓮法師
88 難波江のあしのかりねの一夜ゆゑみをつくしてや恋ひわたるべき 后嘉門院別当
89 玉の緒よたえなば絶えねながらへば忍ぶることとの弱りもぞする 式子内親王
90 見せばやな雄嶋のあまの袖だにも濡れにぞ濡れし色はかはらず 殷富門因大輔
91 きりぎりすなくや霜夜のさむしろに衣かたしき独りかも寝む 後京極摂政前太政大臣
92 わだ袖は汐干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾く間もなし 二条院讃岐
93 世の中は常にもがもな渚こぐ海士の小舟の綱手かなしも 鎌倉右大臣
94 みよし野の山の秋風小夜更けて故郷寒く衣うつなり 参議雅経
95 おほけなくうき世の民におほふかな我が立つ杣に墨染の袖 前大僧正慈圓
96 花そそふあらしの庭の雪ならでふりゆくものは我が身なりけり 入道前太政大臣
97 来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ 権中納言定家
98 風そよぐ楢の小川の夕ぐれはみそぎぞ夏のしるしなりける 従二位家隆
99 人もをし人もうらめしあぢきなきく世を思ふ故にもの思ふ身は 後鳥羽院
100 百敷や古き軒端のしのぶにもなほあまりある昔なりけり 順徳院