小説ジュニア 1982年2月号

書誌情報

新井素子関係の内容

表紙

ハートマークの中に5人の作家の名前が掲載されています。下記は掲載順です。

一流作家による新春読み切り劇場

目次

●新鋭作家が描く鮮烈な人生のイメージ!!

夕暮れ・五つの情景 新井素子 イラスト●たじまじろう

思い出のページをめくると、そこにはいつも”夕暮れ”があった!

〈ファイン・ピープル〉インタビュー:「夢にむかってまっしぐら」(P.11〜15)

巻頭カラーでの掲載です。写真多数(撮影場所は、立教大学、自宅など)。扉ページには次のように書いてあります。

いまモテモテのSF作家 新井素子 ライフ&プライバシー

売れっ子SF作家、新井素子さんは、現在立教大学文学部三年生。執筆の合い間をぬってドイツ語の宿題をしたり……、友だちと飲みに行ったり……、多忙な毎日。その興味ある日常は……?

小見出し

興味深い発言を抜き出してみます。

――理想の作家像はありますか。

新井 あんまり売れてなくて、本屋さんに行って「新井素子の本あります?」って聞いたら、本屋のおじさんがちょっと沈黙してね、「ああ、新井素子、あの隅に一冊あったような気も……」って。それで隅に行くと一冊ぐらいはあるという、あまり有名ではないけれど完全に無名ではない、何とか一人生きて行ける程度の収入が入るぐらいには売れて、それ以上は売れない。そして、時々、思い出したように書き下ろしの注文が来て……、って感じの作家がいいですね。第一、売れたら母親が卒倒しちゃうし、ボーイフレンドと腕を組んで歩いてるところをうしろから、「新井さん」なんて言われちゃうと恐いですものね。

短編小説:「夕暮れ・五つの情景」(P.17〜37)

扉ページには、「オムニバス・メルヘン」「新鋭作家が描く鮮烈な人生のイメージ!1」と書いてあります。

「五つの情景」のタイトル

  1. その1 金魚のいる情景
  2. その2 子供のいる情景
  3. その3 金色の魚のいる情景
  4. その4 砂の舞う情景
  5. その5 夜汽車のある情景

集英社文庫コバルトシリーズ1月の新刊★好評発売中(P.343〜350)

カラーページでの広告です。『通りすがりのレイディ』は『あした・出会った・少女』と見開きで掲載。上段にぶち抜きで「未来へ宇宙空間へイメージは思いのまま!」というキャプションが付いています。

「わいわい広場」(P.351〜355)

読者の投稿ページ。「みんなでつくる愛読者のページ」と書いてあります。

P.354に「感激、素子さま」というタイトルのファンレターが掲載されています。

もう〜最高! なんつったって、新井素子おねーさま(親近感からこう呼ばせてくださいね)が『小ジュ』にしばらくぶりに登場してくれちゃったんだもの。

『星へ行く船』なんて、最高中の最高! 六〜七回も読んだ(太一郎さん、すてき!)のです。大大大ファン!!(あ〜、手がふるえる)でる本、書かれる小説、み〜んな読みまくっております。どーして、あのようなすっばらしい小説が書けるのですか?

一月号の『影絵の街にて』今までの軽いたっちから、ぐっとシリアスタッチになって、ズシーンと重みを感じました。あの語り口、読みやすさはいつもどおり。

おねーさま、これからも二十一世紀にむけて、すてきな男性を……ア、いや、話を書いてください!!

(静岡県 やすこ 十五歳)

◆最近、モトコスト(素子さんの熱烈なファン)が、ふえてるんだよね。そんなモトコストのために、今月号は、カラー口絵と小説で、立体特集。いかがでした? ボクちゃん

コバルトシリーズ感想文大募集(P.380)

集英社文庫コバルトシリーズについての感想文を募集する告知が掲載されています。記事の中に1981年12月10日発売分と1982年1月10日発売分の文庫が書いてあり、『通りすがりのレイディ』の名前もあります。

12月号懸賞当選者発表(P.381)

新井素子さんの『ひとめあなたに……』がプレゼントされたらしく、当選者が掲載されています。

収録

新井素子関連の『小説ジュニア』

新井素子関連の『小説ジュニア/Cobalt(コバルト)』一覧