アニメージュ 1983年5月号

Vol.59

書誌情報

新井素子関係の内容

対談・コメント:「兄悟と素子の採点ノート」

「クラッシャージョウ」「幻魔大戦」「ヤマト」と超話題作3本が激突した春のアニメ映画。宣伝もはなやかだっただけに、気になるのはその質と内容。各映画の名シーンをアンコールするとともにSF作家の岬兄悟、新井素子さんのおふたりに、その中味を採点してもらった。

新井素子さんと、SF作家の岬兄悟のご両人が1983年春に公開された三本のアニメ映画を、キャラクター/ストーリー/全体の印象、の三項目を採点しています。感想を述べた対談もP.12に掲載されています。『宇宙戦艦ヤマト・完結編』を上映中の新宿東映パラス前でのツーショット写真あり。

採点

二人の採点は以下の通り。5点満点です。原文にはそれぞれ採点理由も付いています。

クラッシャージョウ――「えーと、『アズマジロ』がすごーくかわいかった!!」素子
採点者 キャラクター ストーリー 全体の印象
兄悟 4.5 4 5
素子 5 4 5

新井素子さんはこの映画のパンフレットに解説を執筆しています。→「クラッシャージョウ」パンフレット

幻魔大戦――「絵はきれいだったけど、ちょっとかったるい映画だったな」兄悟
採点者 キャラクター ストーリー 全体の印象
兄悟 4.5 3 3
素子 4 3 3
宇宙戦艦ヤマト・完結編――「危機一髪を逃れるとまた危機がという構成はよかったけれど」素子
採点者 キャラクター ストーリー 全体の印象
兄悟 3 (パスします) 2
素子 (パスします) (パスします) 2

ちなみに岬兄悟はこの映画のノベライズを出版しています。

対談:「クラッシャージョウ」に登場したキャラたちに感情移入する時代へ。

まとめると「ジョウ」○、「幻魔」△、「ヤマト」×、という感想のようです。

『クラッシャージョウ』について、コワルスキーは完全に「ルパン」の銭形警部でしたけど。という新井素子さんのコメントあり。

『幻魔大戦』については、映画を見ても原作を読んでいないと心理的にピンと来ないのでは(原作には凄く心理描写があるのに、それがスパっと落ちている)、と述べています。

投稿コーナー:「My Animage」

「レタールーム」のP.138に千葉県・新井素子(23)という方の「ノストラダムス大予言」と題された『魔法のプリンセス ミンキーモモ』に関する投稿が掲載されています。

住所と年齢が違うので、SF作家である新井素子さんご本人ではないとは思いますが、ちょっと驚きますね。同姓同名の方なんでしょうか。

「AFTER REPORT」:水島裕がDJを担当!「ラジオ・ヤング・マガジン」の公開収録を再現!!

新井素子さんも出演した「ラジオ・ヤング・マガジン」(1985年3月26日放送/NHKラジオ第1)の収録レポートが掲載されている。SF方面には全く触れていませんが、せっかくなので転載してみます。

春休みに入ってまもない3月26日(土)の夜、NHKラジオ第1放送から流れた「ラジオ・ヤング・マガジン」を聞きのがした人のために、3月13日(日)に行われた公開収録時のようすを再現しよう。場所はNHK放送センターの505スタジオ。番組の主旨は、いまヤングの心をとらえて離さない”コミックスとSF”にマトをしぼり、ラジオ独自の方法で追ってみよう、というものだ。

DJはおなじみの水島裕と荒川美奈子。第1部のコミックスNOWでは、村上もとか作「六三四の剣」と秋本治作「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を堀絢子・戸田恵子・中尾隆聖・玄田哲章・井上和彦などが実演。また”コミックス最前線”と題して、もっとも人気のある本を全国各地から電話で聞いたり、平野文・戸田恵子・中尾隆聖の歌コーナーなどもあり、もりだくさんの内容デシタ!!

新井素子が登場した「アニメージュ」