読売新聞 2006年6月21日

発行

新井素子関係の内容

本よみうり堂:「本のソムリエ」(質問コーナー)

15面(文化面/本よみうり堂)より。「本のソムリエ」とは、読者の注文に見合った本を著名人が紹介するというコーナーです。今回の回答者の一人が作家の有川浩(新井素子ファン)であります。このような依頼に応えます。

私の妻は、私の母や兄弟、つまり、義理の母や兄弟を自分の母、兄弟とは考えられないようです。同じように考えられるようにしてくれる本を教えてください。(神奈川県 会社員 38)

有川浩は、肉親同士の微妙な距離感を説明しつつ、その要求にはそもそも無理があるとし、そこで、ぜひご夫婦で読んで下さいと、新井素子さんの『結婚物語』『新婚物語』シリーズをお薦めしています。

旦那さんと奥さんがそれぞれ「相手の家族」への間合いをぎこちなく微笑ましく探していく姿も端々に描かれています。緊張する、ちょっと恐い、でもいい関係を築きたい、そんでちょっといい婿・いい嫁と思われたい……そんな当たり前の苦悩と努力は、発表されて二十年以上経つ今でも温かな共感を呼び起こします。

〈oosimayoukoさんに教えて頂きました。ありがとうございました。〉