風にブギ

書籍

登場作品

対談:高橋留美子vs新井素子「恐怖の楽しみかたおしえます」

この対談時、新井素子さんは早川書房の《新鋭書き下ろしSFノヴェルズ》から出版する小説を執筆中でした(後に『・・・・・絶句』として上・下2巻で刊行)。で、同じシリーズで小説を書いていた夢枕獏から、原稿用紙の前半分を編集者に渡したら、新井素子さんの原稿と一字一句同じではないかと言われたという怖い夢を見た、と電話があったそうです。内容を確認しあってこれなら同じってことはないと電話を切って。

その二日後、岬兄悟さんの本が出たのでパラッと見たら、最初の五ページくらいの内容が、私のと同じだったんです。青くなって岬さんに「あの話この後どうなるんですか」って電話した。そしたら同じ設定は、そこだけだったとわかったんですけど。

「岬兄悟さんの本」とは、『・・・・・絶句』と同じく《新鋭書き下ろしSFノヴェルズ》から出版された『風にブギ』のことだと思われます。主人公が小説を執筆中、しかしはかどらない、何気なく時計を見る、などの点に類似が認められます。

ネット書店で購入 | 風にブギ